2週間ほど前に「スマホと連動するSwitchBot温湿度計」を購入。

7月12日の記事




別売りのハブと併用すれば、気温や湿度に応じてエアコンなどの家電を自動制御できるスグレモノ。
その時はそこまで必要ないと思い、温湿度計のみ購入。

しかし、連日の蒸し暑さ。
つい最近までは窓を開ければなんとか眠れましたが、夜間も息苦しい暑さになってきました。
うにのケージがあるリビングは朝5時に冷房が作動するようタイマーセットしていますが、それまで保冷剤が持つかどうか・・。

結局、別売りのハブも注文。


エアコンのリモコンと連動させ、ケージに付けている温湿度計が28度以上になれば、自動で冷房が作動するように設定。

スマホの画面
IMG_20200730_093422_335-20200730


ハブミニを設置後・・
ついに今日、自動でエアコンが作動。
連動成功。

7/30 AM0:30 手動でエアコン停止
ケージの上、横、前に保冷剤を置いて就寝。




7/30 AM3:13 28度に到達。エアコン自動ON

グラフで確認したら、
この暑さでは保冷剤は3時間ぐらいしか持たなかったもよう。
IMG_20200730_093425_458-20200730
※温湿度計はケージの上部の端に付けているので、実際うにがいる場所は保冷剤の冷気で28度には達していないと思います。
でも、朝5時までにはすべて保冷剤も解凍されてぬるくなっていることでしょう。

やっぱり、あると便利!

夜間、リビングと寝室2部屋にクーラーを付けることになるので、
うにがケージごと寝室に移動するか、人間が敷き布団を買ってリビングで寝るか?ということも考えましたが、場所を変えることで人間や動物がストレスになっては意味がない。
うにが快適に過ごしてくれたらそれでヨシ!!!